令和3年度
中小企業「強靱化」
シンポジウム

令和3年度

中小企業
「強靱化」シンポジウム

~事業継続力強化計画(ジギョケイ)の策定から始めよう~

a

開催レポート

このページの動画

サムネイル

キックオフイベント

危機を乗り越えた
「強靱な経営」に学ぶ

パネルディスカッション

株式会社マルワ 代表取締役社長 鳥原 久資 氏

サムネイル

サムネイル

シンポジウム

予測できない危機を
乗り越えるために

基調講演

株式会社西松屋チェーン 代表取締役社長 大村 浩一 氏

パネルディスカッション

『連携』して
災害や感染症に備える

〜ジギョケイ策定の事例から〜

辻野建設工業株式会社 代表取締役 辻野 浩 氏

株式会社近藤印刷 代表取締役社長 近藤 起久子 氏

迫田運送株式会社 代表取締役社長 迫田 浩荘 氏

カメダライン株式会社
 カメダグループ常務取締役 亀田 康寿 氏


キックオフイベント

危機を乗り越えた
「強靱な経営」に学ぶ

自然災害や感染症の蔓延など、会社の事業継続を脅かす非常事態に備えることは、今や会社経営において重要な戦略のひとつに位置付けられます。事業継続力強化計画やBCPの策定をはじめとした事前の備えをしておくことが不可欠です。
本年10月に開催予定の中小企業「強靱化」シンポジウムのキックオフイベントでは、事業継続力強化計画策定の重要性や、戦略・実践としての事業継続の取り組み、そして、平時の経営力の強化にもつながる企業連携について話し合います。

パネルディスカッション

株式会社マルワ 代表取締役社長 鳥原 久資 氏

BCPの重要性にいち早く着目し、2007年から始めている株式会社マルワ 代表取締役社長の鳥原久資氏。同社のBCPの取り組みをインターネットで積極的に発信したことで、会社の知名度が上がり、今や海外企業から視察団が訪れるようになった。事業継続力強化計画は難しく考えず、まずは取引先の連絡先、緊急時に対応することを1枚の紙にまとめておくだけでも、いざという時に困らないという。計画書の作成がゴールではなく、経営者の考えを従業員に周知徹底し、社員全員で防災意識を高めていくこが中小企業にとって最も大切だという。

鳥原 久資 氏

株式会社マルワ 
代表取締役社長 
鳥原 久資 氏

1958年名古屋市生まれ、大学卒業後8年間の小学校・中学校教員を経て、89年株式会社丸和印刷(現株式会社マルワ)入社、98年代表取締役社長就任。愛知県印刷工業組合理事長、全国印刷工業組合連合会副会長、NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会理事。2007年にBCPを策定して以来、11年間で20回以上の改正を重ね、遠隔地の企業とのBCP連携を進めるなど、経営の強靱化に積極的に取り組む。令和2年に事業継続力強化計画の認定取得。

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

法人番号 2010405004147

〒105-8453 東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル

© 2021 Organization for Small & Medium Enterprises and Regional Innovation, JAPAN